私は今でも学生時代の友人と交流を持っていて月に2~3回のペースで居酒屋に飲みに行っています。それで学生時代の思い出話などで盛り上がったりするのですが、最近気持ちの浮き沈みが激しいなと感じるようになりました。

その影響で時々友人に迷惑をかけてしまう事もあるので精神的の不安定になっているのかなとも感じていました。

焼酎や日本酒を飲み始めると態度が一変してハイテンションに

学生時代の友人と居酒屋に飲みに行く時はいつも最初は生ビールで乾杯して飲み会がスタートします。それでビールを飲んでいる時は学生時代の思い出話で楽しく会話しているのですけど、お酒がビールから焼酎や日本酒に変わると私の態度が一変してしまい気分が上がってきてハイテンションになってしまいます。

それで自分が一番偉くなったような態度を取ってしまって友人の欠点を強調して絡み始めたりしてしまいます。そのため場の空気がだんだん悪くなってしまい友人にも嫌な思いをさせてしまいます。

自宅に帰ってきたら急に気分が下がってうつ状態に

居酒屋で学生時代の友人と飲んだ帰りになるとだんだん気分が落ち着いてくるのですが、自宅に帰ってきた瞬間に急に気分が落ち込んでしまいうつ状態になってしまいます。

友人と飲んでいた時になんで偉そうな態度を取って友人の欠点を強調してしまったのだろうとかすごく反省してしまいます。それで悪い事をしてしまったなと思いながらさらに気分が落ち込むようになって睡眠が取れなくなったり食欲がなくなったりしてしまいます。

それで3日ぐらいそういう状態が続いてしまいます。

双極性障害と診断されて飲み薬で治療開始

学生時代の友人と飲みに行った時から自宅時帰った時で気持ちの浮き沈みが激しくしかも毎回同じ事の繰り返しでした。毎回繰り返しているとさすがにおかしいなと思うようになったので精神科に行って診察を受ける事にしました。

それで医師の症状を詳しく話してみると双極性障害の症状が出ていると言われました。双極性障害の症状は気分が上がり過ぎたり下がり過ぎたりするというので今回の私の症状でした。

そのため双極性障害になっているという事を受け入れで治療していく事にしました。とりあえず飲み薬で治療していく事になって気分安定薬や抗精神病薬が処方されて食後に服用するという方法で治療を開始しました。

それで服用してから2週間ぐらいしたら精神的に落ち着いてきた感じがして睡眠も取れるようになってきました。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。