私は化粧品の製造工場に勤めていて男性と女性が半数ずつで社員同士仲が良くて居心地の良い職場でした。そのため仕事中や休憩中でも社員同士で会話をしたりして楽しく過ごしていました。

しかし私は独身なのでワンルームマンションで一人暮らしで帰ると何だか気分が落ち込んでしまう事があり浮き沈みが激しくもありました。

しかしその時は気のせいだろうと思って特に気にしていませんでした。

みんなでお酒を飲んでいる時はすごく気分が高まってしまう

年末になると私の職場では忘年会が居酒屋で開催されます。私はお酒が好きなので忘年会はすごく楽しみにしています。もちろん女性社員も参加するので目立ってやろうという気持ちにもなってしまいます。

それでお酒が進むに連れて酔ってくるので気分も高まってきて女性社員にいろいろ絡み始めてしまいました。だんだん度が激しくなってくるので女性社員に嫌な思いをさせてしまう事もありました。

しかし酔っている状態なので気分は高まってしまうばかりでした。

一人になると急に気分が落ち込んで数日経つと元に戻るので違和感を感じる

忘年会が終わって家に帰ると急に気分が落ち込んでしまいました。忘年会の時に騒ぎ過ぎてしまって特に女性社員に嫌な思いをさせてしまったかななど反省してしまいながらずっと考え込んでしまいます。

その後数日間は会社に行っても気分が上がらず口数も少ない状態が続いて他の社員から心配される事もありました。それである程度の時期が経つと再び口数が多くなってきて気分が高まってくるようになりました。

しかしこの状態が繰り返されている事に違和感を感じるようになりました。

双極性障害の症状が自分の行動と一致したので受け入れて治療開始

違和感を感じるようになったので精神科で行って医師の相談してみようと思いました。それで医師に相談してみたら双極性障害の疑いがあると診断されました。

双極性障害とは気分が高まったり落ち込んだりする脳の病気です。私の症状を照らし合わせてみると確かに一致するので双極性障害だと思いました。

それで双極性障害だという事を受け入れて治療していく事にしました。飲み薬を服用していく方法で気分安定薬や抗精神病薬を同時に服用していきました。

それで継続していく事で症状が治まってくるという事なのでその通りに治療していく事にしました。まだ初めてそれほど時期が経っていないので効果は実感出来ていませんが頑張って続けていく予定です。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。