双極性障害は、感情が上がったり下ったりの幅が大きくなる病気です。気持ちが高まって躁状態の時には、本人は全く症状が悪い事に気づく事も無く元気だと勘違いしてます。

しかし、その時の行動が後々とんでもない事に繋がる事も多くあります。そして、その後のうつ状態が長くて家族はもちろんの事本人も大変です。

また多くのケースで、この周期を繰り返すという再発があります。これらは、脳の機能異常から来ているのです。それに対応する為にある薬での治療について調べました。

双極性障害の治療は?薬物療法と精神療法を中心に!

双極性障害は、早い時期に正しい治療をはじめる事で病状を制御する事が出来て普段の生活にも支障を少なくしていく事が出来るのです。

躁極性障害の治療の目的としては、繰り返される躁状態やうつ状態を無くしてさらに再発を予防する事になります。この再発予防が重要なポイントになります。

必ずと言っていいほど、再発をするからです。そして、再発を繰り返す度に再発までの期間が短くなり重症化すると何も症状がない時が無くなってしまうからなのです。治療方法は、薬で症状を制御しながら精神療法などを行います。

薬物療法とは?

薬物治療法では、気分安定薬を中心に状況により躁状態に高い効果のある抗精神病薬も処方されます。ここで、大事な事は患者さんが病気を受け入れて薬をきちんと飲み続ける事です。

精神療法とは?

これは、患者さん自身が自分の問題に気がついて医師と患者さんがコミュニケーションを重ねて患者さん自身が自分を規制していく事がポイントです。方法は色々ありますが代表的なものを表記します。

  • 認知療法
  • 家族療法
  • 対人関係・社会リズム療法

薬物治療にも違いがある?状態で治療方法が違う!

双極性障害の治療には時間が掛かります。状態に合わせて薬を変更していく事が必要だからです。再発率が高い為なのです。症状が良くなっても再発を予防する為に薬を続けて飲まなければいけないからです。

躁の症状もうつの症状も無い時期を、寛解期といいます。患者さんは、この時もう大丈夫と自分で判断して薬を飲む事をやめてしまう人もいます。その結果、再発をして治療に掛かる時間が増えてしまうのです。

うつ状態の時の方法?

双極性障害のうつ状態の時の治療には、まず気分安定薬を処方し様子をみます。状況により追加をしたり、他の気分安定薬をプラスしたりしていきます。

躁状態の時の方法?

双極性障害の治療で使われる気分安定薬は、うつ状態でも躁状態でも効果が現れます。双極性障害は、気分の上下が大きいのでそこを安定させてあげるのです。状況により、抗精神病薬をプラスして様子をみます。

寛解期の時の方法?

高い効果が現れた薬を継続して飲む事がポイントです。その期間は、医師による判断ですが血中濃度の確認等をして少しずつ薬の量を減らしていきます。

薬物治療の薬とは?まず感情をコントロールします!

最近では、抗精神病薬が双極性障害の治療に効果があるという事が分かってきました。使用されることも多くなりましたが、双極性障害の治療の基本は気分安定薬になります。

まず初めに気分安定薬を使い、感情をコントロールします。効果が期待できない時や、気分安定薬を使えない状況の時等には抗精神病薬が使われます。両方を合わせて使う事で、より高い効果も期待できる時もあります。

気分安定薬とは何?

気分の波をコントロールする効果のある薬になります。うつ状態でも躁状態にも対応出来る治療薬の基本となっています。神経保護作用がある事が知られています。

非定型抗精神病役とは何?

ドーパミンなど神経伝達物質を阻止する、作用をする薬になります。躁状態の時に効果が高く現れます。神経保護作用がある事も知られています。

使われる薬はどんな薬?状態に合わせての処方です!

気分安定薬の働きは幾つかあるのですが、その中の1つに「神経の保護」や「神経新生促進」というものがあります。「神経の保護」は、傷ついた脳の細胞を保護する働きと細胞死を抑制するという働きがあるのです。

「神経新生促進」とは、文字の通り新しい神経細胞を作る働きを促すという働きがあります。気分安定薬は基本、気分を落ち着かせる働きがあるのでうつ状態だけではなく躁状態のときにも治療には気分安定薬を中心に考えられています。

重症でない時の薬とは?

双極性障害の治療薬の中心になっているのは、うつ状態にも躁状態にも対応出来るリチウムがまず最初に処方される事が多いです。機嫌の悪い躁状態の時には、バルプロ酸が処方される時もあります。

重症化した時の薬とは?

重症なうつ状態の時には、抗うつ薬や抗精神病薬をプラスして処方するなどして症状をよく診て状態に合わせて薬を選んで処方していきます。

統合失調症の薬が双極性障害に?医師の正しい判断で!

抗精神病薬とは、統合失調症の治療薬として使われていました。統合失調症の原因が脳のドーパミンの異常がひとつにありこれが共通になっているからです。

実際に、現在では抗精神病薬が双極性障害の治療にも高い効果が出ていると報告されてます。また、双極性障害の治療に必要な躁状態・うつ状態にも効果があり再発を防ぐ効果まであるスーパーマンのような薬です。

抗精神病薬は古いタイプと、新しいタイプがあるのですが今は副作用の少ない安全性のある新しいタイプのものが多く使われてますが処方には医師の正しい判断も必要です。

持病や状態にも合わせる?

抗精神病薬は、双極性障害の治療薬としての中心薬になりつつあるのですが糖尿病の持病がある方には残念ですが使用できないのです。

まとめ

今回は、双極性障害の治療方法のひとつ薬物治療について、なぜ必要なのか、症状に合わせての対応などについて調べました。

双極性障害の感情の動きは、とても大きく御本人もその時により精神的な辛さはとっても大きく生きる気力も無くなり自殺まで考えるような事になるケースも少なくないです。

大事な命を守る為、再発の確立が高い双極性障害と仲良く付き合っていく為にもきちんと薬を飲むという事を続けていく必要性はとても高いです。難しい事ではありますが、無理をせずに医師の力を借りてご家族の協力の下治療を続けましょう。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。