長い事うつ病の治療をしているのになかなか良くならない、他の先生にも診て貰いたいと感じている患者さんは少なくはないですよね。

うつ病は、専門医が診断基準に基づいて問診を行い診断をしているのですがうつ病と同じ症状の他の病気もあり、診断を下すにはベテランの医師でも難しいのです。

今このような状態の中で、血液のメタボローム解析を行なうバイオマーカーを使い診断する事が出来るようになっています。この、検査について調べました。

うつ病と血液の関係?血中PEA濃度がキーポイント!

人の身体の中には、PEAという分子のリン酸エタノールアミン(別名エタノールアミンリン酸、EAP)があります。このPEAの濃度が、うつ病患者さん(大うつ病性障害)のではとても低下している事が今進められている研究で明らかになりました。

また、うつ病が在るか無いかだけではなくそのステージとも関係があり厚生労働省の倫理指針に従って臨床が進められています。そして幾つか設けられている診断分類の中には、気分変調症や双極性障害もふくまれているのです。

躁状態の時うつよりも高い数値?

PEA濃度の測定をする事によって、躁状態ある時にはうつ状態の時よりも数値が高くなっている事も判りました。健康な方の濃度が2.0~3.0μMなのですが躁状態の患者さんの濃度は、3.0μM以上に上昇する時があるのです。

診断判別の効果が高い?

PEA濃度の測定をする事によって出される判定結果の確立は、正しい診断でうつ病の患者さんの判断の確立としては80%以上、健康な人がうつ病では無い事を診断できた確率としては90%以上と過去に見る事が出来なかった結果です。

診断には医師の判断?

検査の数値だけでは、まだ判断を下すには難しい現状があります。今の段階では、専門医による総合的に判断出きるようにする為の検査方法と考えたほうがベターです。

血液検査方法とは?普通の血液検査と同じ!

今現在診断補助検査として、導入している病院も幾つかありますので医療機関に問い合わせて確認をしてみて下さい。インターネットでも、確認する事が出来ます。

病院へは予約が必要な所もあり、条件に年齢により保護者の同意書が必要な時もあります。費用も病院により違うので事前の電話確認が必要になります。

検査は、普通の血液検査と同じ方法になりますので患者さんの負担もなく料金は保険適用外ですが高額なものではないので安心です。

検査に時間はかかる?

検査に関しては、一般の検査の会社では行う事が出来ないので専用の検査会社ヒューマン・メタボローム・テクノロジース株式会社にて行う為に数日掛かります。日数は確認をして下さい。

費用は保険適用外!

この検査は保険の適用外になりますので、100%自己負担になります。病院により違いがありますが1万円から2万円で出来るので費用もとても安く検査出来るようになりました。

検査で他にもメリットが?適した薬を選べる!

この検査によって得られるメリットとして、うつ病かそうでないか診断できるだけではなく患者さんひとりひとりにあったお薬を選べる可能性があるという事です。

もちろん医師によりどの薬を使うかの判断されるのですが、PEA濃度の数値により治療の効果が得られる薬を処方していくという事が出来る事に繋がるという事なのです。

数値で薬を判断出来る!

治療には、落ち込んだ気持ちや不安を良い状態に持っていく為の薬が使用されるのですがPEA濃度の数値によって使われる薬を選ぶ事が出来ます。

  • PEA濃度の数値が高い時には、下げる薬を使うと効果がでます
  • PEA濃度の数値が低い時には、上げる薬を使うと効果がでます

他の血流検査とは?光トポグラフィーになります!

平成21年厚生労働省で認可された、まだ新しい検査方法になります。今現在関東地方だけでも、10か所以上の病院での検査が行なわれています。

もちろん他の地域でも行なわれています。事前の予約が必要になりますので、インターネットで確認ができるので事前に確認をして行かれると良いでしょう。

専門医が診断基準に基づいて問診を行い診断をして、この画像診断をプラスする事でより一層正確な診断を求める事が出来ます。

脳の状況を見せる?

光トポグラフィー検査とは、身体に害の無い近赤外光を使い前頭葉の血流量の変化パターンをグラフにして目でみて判るようにしたものです。

早期治療が必要?自分の状態を知る事がポイント!

うつ病を含む精神疾患には早期発見、早期治療がとっても大事な事なのですが残念な事に今の現状ではそれが思うように進んでいないのです。

精神科へ行く事に躊躇する方も多いのが現状なのです。だからこそ、血中PEA濃度で疾患が判断出きる事で最初に訪れる病院が精神科でなくても良くなるのです。内科での受診で、検査結果によって精神科への紹介状を書いて貰い受診しやすくする事も出来るのです。

正しい治療のため!

血中PEA濃度で疾患が判断出きるだけではなく、そのときの自分の状態がステージでどの位置にいるのか、その事が分かる事で治療の必要性も確認できるので気持ちの持ち方も変わってきます。

まとめ

今回は、画期的な検査方法として研究中の血液のメタボローム解析を行なうバイオマーカーを使い、うつ病などの診断が出来る血中PEA濃度測定と双極性障害について調べました。

まだ研究中の方法ですが、結果は高い評価を得ています。もちろん診断には、問診や専門医による判断によって判断がされますので今は診断補助検査になっています。

それでも、高い精度の結果を出していますので治療にも役立てる事が出来ます。今の治療に不安をもつ治療中の方、自分の状態に不安を感じる方は一度検査をしては如何でしょうか?

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。