かつてはうつ病と混同され、最近少しずつ研究が進歩してきた双極性障害。これは気分が異常に高揚する躁状態と、気分が塞ぎ込むうつ状態という2つの面を併せ持つ病気です。

しかし、このような多面的に見える病気を、医師はどうやって判断するのでしょうか?うつ状態の時の症状は、うつ病のものとほぼ同じとも言われています。他の病気と混同することはないのでしょうか?今回は、この双極性障害の診断基準について紹介します。

どういう基準があるの?2つの状態があるかどうか

問診で2つの状態を見つける

それでは、まず状態云々の前に総合的な基準についてです。双極性障害は身体検査では診断できません。うつ状態における自傷の傷などはあれど、双極性障害と明確に断じることができる証拠を、目で見ることはできないのです。

医師は躁状態とうつ状態という2つの側面が患者にあるのか、問診を中心に探すのです。心理テストのような、自己チェックシートなどが使われる場合もあります。いずれにしても、気分のアップダウン両面が認められるかが、双極性障害診断の大きな基準になります。

診断はどうやって?エピソードによる診断!

状態を物語るエピソード

さて、では実際に2つの状態を見つけるために重要視されるものを紹介します。エピソードというものを集めるのです。具体的には大うつ病エピソードや躁病エピソード、軽躁病エピソードといいます。

これらはつまり、それらの病状態に即した事実のことです。例としては、突然の食欲減退や突然の無気力状態などが大うつ病エピソードということになります。どう考えても不必要で高額なものを通販で購入してしまった、などは躁病エピソードになりますね。

こうして躁状態とうつ状態両方のエピソードを集め、患者に双極性障害特有の症状がでているかを確認していくのです。

躁状態の時に受診すると?診断は早いが本人が認めない…

診断はしやすいが…

受診したときに患者がどちらの状態であったか、というのも診断する時に重要なことです。躁状態の時に受診すると、医師は双極性障害と判断しやすいです。しかし、患者本人は認めたがらないという問題もあります。

そもそも気分が異様に盛り上がる躁状態の時、患者本人にはほぼ自覚がありません。自身の無謀な計画を、しかしできると信じて行おうとしています。故に、医師にあなたは病気なのですよと言われても、なかなか受け入れがたいという難点があるのです。

周囲の人の証言が必要

そして、躁状態の時に自覚がないということは、先ほど述べたエピソードについても、自身で医師に伝えることが難しいということでもあります。患者本人の口からは大うつ病エピソードしか語られず、結果診断が上手くいかないことがあるのです。

患者の躁病エピソードを集める際には、家族や同僚、友人など周りの人からの言葉が重要になります。もし周りに双極性障害を疑って受診する人がいたら、客観的に患者を見ての意見を述べてあげたいものですね。

うつ状態の時に受診すると?診断が難しい…

診断は難しい

では次に、うつ状態での受診についてです。うつ状態は気分が塞ぎ、仕事だけでなく好きだった趣味などにもやる気が出なくなるなど、無気力な状態となります。その症状は、違う病気である、うつ病とほぼ同じです。

このような症状は先にも挙げたうつ病の他にも、統合失調症や境界性パーソナリティー障害などにも見られる場合があります。概して、躁状態での受診と比べて、正しい診断をすることは難しいです。

診断は難しいの?診断は修正されることがある!

うつ病の診断から変わる

実際に、最初の受診で受けた診断が、後から覆る場合があります。双極性障害においては、正直珍しくありません。それは、先にも大分紹介してしまいましたが、うつ状態の症状とうつ病との鑑別が非常に難しいことが原因です。

では、どんな風に診断が変わるのか、順を追って見ていきます。まずうつ状態で受診して、うつ病と診断されてしまうことが多いのです。躁状態で受診して間違われることは少ないです。うつ病と診断されて、しかしうつ病のための治療をしても症状はなかなか好転せず、これは難治性だと医師は判断します。そのままなんとか治療が続けられます。やがて患者が躁転して、躁状態の症状を見せるようになります。そこでやっと、医師はこれは2つの状態を併せ持つ双極性障害だと気付くわけです。

正しく十分な情報の必要性

しかし、これは医師にも仕方ない部分があるのです。うつ状態で受診している患者に対する最初の問診の際に、患者から躁状態の症状を見つけることは非常に困難です。双極性障害として初めての症状がうつ状態の場合、それは医師にもうつ病と判断せざるを得ません。そして躁状態を経験していたとしても、患者には躁状態の自覚がなく、暗くつらいうつ状態しか認められていないのです。

このようなとき、正しい診断のためには周りからの情報が必要です。つまり結局、躁状態であってもうつ状態であっても、患者本人からだけでは得られない情報を、周りの人たちが提供するべきですね。

まとめ

診断が難しい現状

いかがでしたか?双極性障害の診断基準について、ある程度ご理解いただけたでしょうか?目で見ることのできる要素はあまりないので、その判断は非常に難しいものです。診断の違う状態で行われる治療は、十分な効果は期待できず、それで苦しむのは患者です。これから研究の進歩で、もっと早く双極性障害を見つけ、早期治療ができる環境になっていくことが望まれます。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。