この現代においては、心の病気が人にとっての重大な病気として台頭してきました。しかしまだまだ馴染みは薄く、周りに精神疾患の知り合いがいる、という人は少ないですし、いまいち精神疾患への理解は深まっていないです。

今回はその中でも、躁状態とうつ状態という2つの精神状態を行き来する双極性障害について、その特徴的な症状を中心に紹介します。

双極性障害って何?2つの状態を持つ研究途中の病気

患者の人口と内訳

精神疾患が認められてきた昨今において、その発症人口は世界的には100人に一人とされています。その上で、更に日本においては500人に一人とも言われています。しかし、これはあくまで受診してくる双極性障害患者の数値であって、実際には更に多くの患者がいるとされています。

その内訳として、まず男女差はほぼありません。年齢層については若い20代から30代の患者が比較的多いですが、基本的には非常に幅広い年齢に起こります。

双極性障害についてはまだまだ研究の余地があり、その人口や年代については、さらなる議論でもって、より詳しいデータが求められています。

2つの状態、その変遷

よく混同されますが、この双極性障害はうつ病とは違うものです。中でも、気分の高まる躁状態と逆に落ち込むうつ状態を繰り返すのが、双極性障害に非常に特徴的な症状と言えます。

更に、双極性障害には躁状態が重い双極Ⅰ型と、躁状態が軽躁という軽いものである双極Ⅱ型という分類もあります。加えて、躁状態とうつ状態の間に、躁でもうつでもない、いわゆる普通の期間が加わったりもします。この双極性障害には、他にも様々な分類があり、その症状は多様なものでもあるのです。

2つの状態って?興奮が激しくなる躁状態

気分の異常な高揚

さて、それではそれぞれの状態での詳しい症状をみていきます。まず、躁状態での症状についてです。その特徴的な症状として、プラス面マイナス面の両方において、気分が非常に高揚することが挙げられます。

実例で言うと、自分が偉くなったような口ぶりでよく喋るようになり、さらに激しく興奮することが多くなります。またじっとしていられないほどに活動性が異常に高まり、注意力も散漫になります。判断力も著しく低下し、無理な投資や浪費など、無分別に挑んでいくようになります。マイナス面で言えば、それまでのその人ではないとはっきり感じられるほど怒りっぽくなり、暴力にも走りやすくなります。このような状態が続けば、それは躁状態と言えるでしょう。

なお、上で躁状態が軽い双極Ⅱ型の存在を書きました。躁状態と軽躁状態の差は、仕事や人間関係に支障があるか否かです。軽躁状態は周りからもいつもより調子がいいのかと思われる程度で、非常に見過ごされやすいのが問題です。

2つの状態って?気分の落ち込むうつ状態

うつ病とほぼ同じ状態

双極性障害におけるうつ状態は、うつ病患者の状態とほぼ同じ症状が出ます。その間の治療法などもまた、うつ病患者に行われるものと同様です。

体に表れる症状としては、不眠や食欲の低下、頭痛や腹痛などの慢性的体調不良が挙げられます。人によって症状の個人差が大きいのも特徴的です。それ以外の症状としては、無気力状態になることや、思考力の低下などが上げられます。また、今まで楽しかったもの楽しめなくなるほどまで、気分が落ち込んでいきます。思考はどんどんマイナス方向へ行ってしまい、そのまま自殺にまで発展する場合もあります。

どんな特徴があるの?その1、症状の判断の難しさ

症状は継続しない

さて、ここまで双極性障害の2状態の詳しい症状について書いてきましたが、実は双極性障害はそれと診断することが難しい病気です。その理由として、躁状態うつ状態どちらも症状が長く継続しないことが挙げられます。その上、そのどちらでもない、いわゆる普通の状態も間に挟まってきます。最近ずっと調子がおかしい、ではなくたまに様子がおかしい。これでは、周りもなかなか病気を疑えません。

また、軽躁状態は周りからみても異常な状態と認められにくいです。ゆえに、うつ状態の方にだけ注目が行き、最初はうつ病と診断される場合も多いです。

本人には分からない

そしてもう1つ、双極性障害の判断が難しい理由として、本人に自覚がないこともあります。躁状態の高揚した状態では、しかし自覚はなく、むしろ周りからなんだか変だと再三伝えられて逆上してしまうこともあるほどです。それとなく調子が悪いのか、受診してはどうかと勧めてみても、本人は至って健康、正常と思っていますから、なかなか足が向きません。

結果として、双極性障害の発見、診断が遅れ、患者の症状は重いものになってしまいます。どうしても見過ごしてしまった結果、知らぬ間に自分で自分の命を絶っていたという、最悪の結末に至ることもあります。

どんな特徴があるの?その2、再発可能性の高さ

病気と上手く付き合っていく

続いて、双極性障害の症状の特徴として、再発が多いことも挙げておきます。双極性障害では、ある程度よくなった後も薬物治療が行われることが多いのですが、そのある程度治った後の治療が上手くいかないことが多いのです。

そもそも双極性障害は、完治と判断することが難しい病気です。2つの状態を行き来し、そしてその間になんの症状もない期間があります。ですから、治ったように見えても、実は状態の過渡期であった、どちらかの症状からまたサイクルに戻っていた、という事がよくあるのです。

双極性障害の患者は、自身の病気を受け入れられないことがよくあります。ゆえに、薬物治療に切り替わった後、自分で完治したと判断して薬の服用を自己判断で中止してしまいます。それが結果として、双極性障害の再発に繋がっていくのです。

まとめ

受け入れて、コントロールしていく

いかがでしたか?双極性障害の複雑で特徴的な症状について、理解していただけたでしょうか?双極性障害は完治までの道のりの険しいつらい病気です。患者は双極性障害と、長い間付き合っていかなければいけません。医師と共に症状を上手くコントロールしていくこと、それが、この複雑な双極性障害の症状に対して、患者に求められることなのです。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。