コントロールとは統制、支配を意味します。

それならば、感情がコントロールできないことは仕方のないことと思えるかも知れません。気楽にかんがえることが1番大事です。

それから、きちんと双極性障害か否かを知ることも大切なことです。感情は自分のものだから、感情に支配されるのでなくて、感情を支配しましょう。

双極性の感情をコントロールする手だてを見つけることは難しくありません。

現在では双極性障害があっても普通に社会で生活できます。障害を知って快方をめざしましょう!

双極性障害を持ったリーとコバーンとそして私

昔ヴィヴィアン・リーを観ました。あまりにうつくしい美貌と同時に完璧なほどの演技力に魅了されました。

彼女は双極性障害を抱えていました。あのような人物でないと、双極性障害というウィークポイントに太刀打ちできないのかと思いました。ニルヴァーナのフロントマン、恐ろしい才能を抱えたカート・コバーンは、双極性障害と共に27歳で亡くなりました。

精神疾患者は自身をすり減らし、人生の長さに唖然とします。消耗品のような存在だとみなし自暴自棄に時を急いだり、精神の病、疾患に支配、統制される不自由な人生に途方に暮れています。

私は鬱病なのでしょうか、何もできずただ医療サービスに赴きます

大きな鬱を感じ、自分自身の生命活動を維持するように抑鬱状態に私は入っていきます。思考をすこしでもはたらかせること、起き上がる意欲を萎えさせて、それは自己否定や自己不信になり負のスパイラルになっています。

呼吸すること以外ほぼ通常の行為、動作に大変な支障をきたし、自身が全てに否定的な、マイナスの方向に向いています。身体に不自由がなくとも気持ちの面で社会生活がとても困難になり、普通でないことを自分自身は自覚します。

それがもしも幼過ぎると、自分だけがそんな状態だということが理解できず、疾患がパーソナリティ、ひととなりになっていきます。鬱病と思い、医療サービス、医師にかかりました。

自己を知るために自分を研究して、そして時間をムダにしない

専門知識を有する場所にたよるのです。病院、医師にかかる者は遅かれ早かれ自身に合うか合わないかを認識します。医療サービス、病院、医師が不要ということでなくて、自分に合う医療サービス、担当医に出会うこと。

合わないサービスを受け続けたり、不要だと独断して自力でがんばると多大な時間のムダになってしまいます。治療当初は自分自身を顧みる作業が大変重要でした。

自分を掘り起こし、記憶をいじくりまわして、自己を知るためにそれは本当に苦痛を伴います。その中で、どのような精神状態からどんな支障をきたしているのか、パターンや因果を知って自分を研究していきます。

不自由なもの事は必ず大きな糧にもなって、本当に笑顔が未来を切り拓きます

そして私の場合は鬱病ではなくて、双極性障害ということを知りました。躁状態とは自身が全てに肯定的な、プラスの方向に向いています。アグレッシブ状態、それは意欲的、活動的、積極的、それに攻撃的を意味します。

私には抑鬱状態に対局の躁状態があること、それが病ということ、それにはなかなか気付きませんでした。抑鬱状態がひどく深刻になると、真逆の状態もやはりひどいものになります。

感情の起伏を統制できません。まわりを混乱させるだけでなくて他人の心を傷付けもするもの凄い躁状態の後は必ずその大きさに匹敵する抑鬱状態がやってきます。治療は感情の起伏をおだやかなものにすること。

定期的に血液検査を受けながら処方せんを飲み、激しい抑鬱も恐ろしい躁もおだやかになってきました。気持ち、感情はまわりの環境に大きく左右されます。

不自由によって得るものはとても大きく、笑顔を絶やさずそとに目を向けながら、人生を楽しむために、自他をリラックスさせる人生を作っていきましょう。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。