精神疾患は経過観察が大変重要な疾患の1つであり、その流れの中で診断名が変更することが大変多くなっています。

中でもうつ病だと診断されており、抗うつ薬で治療を実施されていた人が、経過を観察する中で双極性障害であると改めて診断されることはとても多くなっています。

双極性障害は他の様々な疾患と間違われやすい

双極性障害の始まりはうつ状態であることが多いと言われています。そのため、最初はうつ病のような様子を見せていたのに実は双極性障害であったというケースは大変多くなっています。

そしてうつ状態も実に様々な疾患で見られる現象の1つとなっています。そのため、様々な精神疾患が後から双極性障害であることがわかるという状態に陥っているのです。

双極性障害と間違われやすい精神疾患にはどのようなものがあるのか?

では、どのような精神疾患が双極子障害と誤解されやすいのでしょうか?

うつ病

代表的な疾患はうつ病です。双極性障害は抗うつ薬を使用することで躁転することがあると言われていますが、うつ病だと思って抗うつ薬を投与していたら躁状態が現れることで双極性障害であることがわかるケースもあります。

不安神経症

不安が強く行動することが出来ない、自信を持って取り組むことが出来ない不安神経症は、一見するとうつ状態の様にみられることがあります。隠れ双極性障害の可能性の1つです。

統合失調感情症

統合失調症の中に双極性障害のように感情の不安定さがメインとなっている疾患があります。そのため、双極性障害と統合失調感情症が混同されることが多くなっています。

注意欠如/多動性障害

注意力が散漫で色々なことに目移りし、活動的になっている様子が双極性障害と誤解されることがあります。

発達障害

発達障害の人も感情のコントロールがうまくできないことがあり、激しい感情表現がみられることがあります。また、自分の好きなことにこだわるあまりに、高い買い物をしてしまったり、一つの事に固執することがあります。そのような様子が双極性障害と似ている部分になります。

専門家に見てもらっても誤診されることがあるのはどうしてだろうか?

精神疾患は実ははっきりと診断が別れていないことが多く、色々な症状が重なり合っているというのが現状です。同じ症状でも、うつ病でも不安神経症でも見られる場合、その症状がどちらの疾患に由来しているのかは経過を観察するしかありません。

経過観察の長さによって間違った診断名が付けられることもある

もしかしたらうつ状態を発症した後に躁状態に転じるまでに1カ月以上かかるかもしれません。その場合、治療が始まって2週間の時点では双極性障害であると診断することは困難です。

双極性障害の場合、いつ躁状態になるのかが人によって異なることが誤った診断を招いている一つの要因であると言えます。

確定診断までにはある程度の時間が必要

双極性障害を始め精神疾患の確定診断にはある程度の時間をかける必要があります。もし間違った診断を下されていることが分かっても、それまでの経過を主治医が丁寧に追った結果分からなかったことも多くなっています。あまり医師を責めることなく、その時に分かったことを基にして治療を勧めていきましょう。

主治医の診察に不安を感じたら?セカンドオピニオンを利用してみよう!

精神科の専門医と言えども、双極性障害かどうかを見分けることはとても難しいと言われています。そんな時には別の医師の意見を参考にすることも一つの方法です。その方法がセカンドオピニオンと言われるものです。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、別の医師の立場から患者の症状を見た時に、主治医が下している診断名で相違ないのかどうかを見てもらうものです。多角的な視点から症状を診断することが出来るため、大変有効な方法の1つです。

いきなり通院しても良いの?セカンドオピニオンの受け方とは?

セカンドオピニオンを受けるには、主治医からの紹介状が必要になります。そのためまずは主治医に相談してみることがスタートです。セカンドオピニオンを受けることは患者の権利なので、ためらうことなく相談してみましょう。

保険適応外

セカンドオピニオンは保険適応外となっています。そのため、全額自己負担で受診する覚悟を持って受けてください。また転院ではないので、セカンドオピニオンを受けた後は元の主治医のところで通院加療をすることになります。

必ずしも正しい診断が受けられるわけではない

また、セカンドオピニオンを受けたからといって、その結果が必ずしも正しい結果であるわけではありません。中には前医の診断の方が正しかったという場合もあります。リスクを伴っていることを念頭に置いて受診してみてください。

まとめ:確定診断のためにセカンドオピニオンを有効活用していこう!

双極性障害を始め精神疾患は確定診断をすることがとても難しいと言われています。様々な視点から正しい診断をするために、自分の診断に不安がある場合はセカンドオピニオンを利用してみましょう。そして適切な治療を受けて早期寛解を目指していきましょう!

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。