双極性障害の疑いが出てきたとしたら、どのような病院で相談する良いのでしょうか?

専門的な病院での治療が必要とされている双極性障害ですが、今回は病院の選び方や、選ぶポイントについてお伝えしていきたいと思います。

どういうところに違いがあるの?各種診療科の違いについて

世の中には、精神科や心療内科、神経内科など同じような診療科を掲げている病院が多くなっています。先ずはそれらの診療科の違いについて説明していきたいと思います。

精神科

精神科は精神疾患と呼ばれる疾患を全般的に診療してくれる診療科です。症状が軽度の人から重篤な人まで幅広く対応しており、のちに紹介する心療内科に該当する患者さんも精神科で網羅しています。

幅広い疾患に対応

統合失調症やうつ病、発達障害や双極性障害、人格障害や知的障害、不安障害やパニック障害、強迫性障害や不眠症など幅広く対応してくれる診療科です。どこを受診して良いのかが分からない時は精神科の受診をお勧めします。

心療内科

心療内科は、心の病気が体の病気に現れている人の治療を専門的に行っている診療科です。原因不明の頭痛や腹痛、不眠などに対応しています。精神科と比較すると程度が軽い人が利用していることが多くなっています。

神経内科

名称が似ている診療科ではありますが、神経内科は内科の1つです。つまり体の病気を持っている人が受診するところになります。主な疾患としては、パーキンソン病や認知症など、神経の変調がCTやMRIなどで確認される疾患をターゲットとしています。

精神科との違い

認知症やパーキンソン病など、精神科と神経内科の領域が重なっていることがあります。認知症やパーキンソン病の病気自体を治療してくれるのが神経内科ですが、これらの疾患はせん妄や抑うつ状態などの精神症状を併発しやすくなっていることが分かっています。病気自体の治療は神経内科、病気に伴う二次的な精神症状は精神科で対応しており、専門性が分けられています。

内科

軽い気分障害や抑うつ状態であれば内科で安定剤を処方してくれるところもあるようです。しかし、内科はあくまで体の内部に何かしらの異変がある、体の疾患になります。そのため、精神的な不調をきたしている場合は、精神科医や心療内科を受診することをお勧めします。

どこで見てくれるの?双極性障害が受診すると良い診療科とは?

心療内科と精神科の標榜には区別が無いことが多く、場合によっては心療内科と標榜していても精神科としての機能を果たしている場所もあるため、一概には言えません。しかし、双極性障害の場合は精神科を受診することをお勧めします。

精神科は双極性障害に効果があると言われている薬が豊富にそろっている!

では、どうして精神科の受診が推奨されるのでしょうか?双極性障害は、気分の不安定さを主な症状としている疾患ですが、効果があると期待されているお薬の多くが、精神科で使用されている薬となっています。そのため、双極性障害の治療に適切な薬が豊富にそろっている精神科での治療がお勧めになります。

入院することが出来るのかどうかというところもポイントの一つ

精神科の病院は、身体的に何も問題が無くても、精神的な症状で入院することが出来る唯一の場所になります。そのため、双極性障害の症状があまりに華々しく、社会生活に悪い影響を与えてしまう場合は、本人の生活を守るためにも入院加療が必要になります。その際に、精神科の病院を受診しておけば、スムーズに適切な治療を受けることが出来ます。

入院病棟があるのかどうか確認を

精神科の病院によっては入院病棟があるところと無いところがあります。症状の程度が軽い場合は、精神科のクリニックなど病棟が無いところでも対応は可能ですが、症状が華々しい場合は入院病棟を併設しているようなところを受診することを推奨します。

自殺を防ぐことが出来る

双極性障害で言われていることの1つが、自殺率の高さです。入院中は持ち物も制限されているため、自殺のリスクを最小限に抑えることが出来ます。行動が激しい双極性障害の場合は、入院加療もとても大切な治療になります。

双極性障害の経験や知識が豊富な医師がたくさんそろっている

双極性障害は、躁状態とうつ状態が繰り返し生じる疾患ですが、落ち着いてきたからといって必ずしも症状が改善しているという分けではありません。場合によっては重篤なうつ状態に陥っている可能性もあり、その見極めが非常に重要になります。そのため、経験ある医師が豊富にそろっている精神科を受診することがお勧めになります。

まとめ:困った時は保健所で相談してみよう

まとめると、双極性障害は専門機関である精神科を受診して治療することが望ましいということになります。症状によっては入院病棟を併設しているところが推奨されますが、精神科なんて聞いたことしかない人にとっては、どの病院を受診して良いのかが分からなくなることだと思います。

その場合は、その地域にどのような精神科があるのかを保健所にいって相談してみることも一つの方法です。必ず適切な医療機関を紹介してくれると思います。早期に適切な治療を受けて、寛解を目指していきましょう。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。