双極性障害を抱える女性にとってとても大変な時期の1つが、妊娠・出産・育児のタイミングです。双極性障害を抱えていても、当然のことですが、妊娠も出産も育児も経験する可能性があります。

しかし、双極性障害を抱えていない女性や、他の精神疾患を抱えている女性と比較すると、その体験がかなりの精神的負担になる可能性が高いようです。

双極性障害を抱える女性の妊娠・出産・育児にはどのような特徴が挙げられるのでしょうか?実際に双極性障害を抱えながら育児を行っている女性の声を中心に集めてみました。

双極性障害を抱えた状態で妊娠するとどんなことが起こるんだろう?

基本的には一般的な女性の妊娠と経過は変わりません。妊娠期は、双極性障害を患っていない場合でも妊娠や出産は女性ホルモンの値が変化するために精神的に不安定になりやすい時期であると言われています。

双極性障害は感情の不安定さを主な症状としているため、妊娠に特有の感情の不安定さが強くなると言われています。

妊娠を希望している場合は、計画の段階から主治医に相談することが大切です!

妊娠したいと希望がある場合は、計画をしている段階から主治医に相談していきましょう。恥ずかしい気持ちも出て来ると思いますが、子供に影響が出ることの方が影響は深刻です。思い切って相談してみることが大切です。

中には双極性障害であると明確に診断されていないにもかかわらず、医師の中ではその疑いを持っているということも考えられます。そのため精神科通院中の女性は積極的に医師に相談していくことをお勧めします。

投薬治療には工夫が必要

妊娠中にポイントとなることの1つが「精神科薬の内服が胎児に影響を与える」ということにあります。妊娠中は内服できる精神科薬に制限が出てしまうため、薬を変えなければいけないこともあります。

睡眠薬は注意が必要

精神科の薬の中でも、種類によっては胎児に影響を与える可能性がある睡眠薬や抗うつ薬を使用できない場合があります。そのため、双極性障害の治療薬以外でも精神科の薬を内服している場合は医師とよく相談していきましょう。

実際の体験談から見えてくること

双極性障害を抱えながら妊娠する場合は、やはり医師に相談する人が多いようです。中には医師の指示の元、気分安定薬を継続した状態で出産まで至った人もおり、出産後のお子さんも健やかに成長している人もいます。

しかし、体質や症状によって使用する薬は変わってくるので医師に相談することが重要になります。

双極性障害を抱えた状態で出産や育児を迎えると、どんなことが起こるんだろう?

双極性障害の場合は自分で感情のコントロールをすることが出来ないという特徴があります。一方で乳幼児期の育児は4時間ごとに授乳を必要とする子供にあわせた生活を強いられる生活です。症状の波によって育児が出来なかった場合にどのようなサポートを受けると良いのでしょうか?

治療状況を周りの人に伝えていく

睡眠薬を飲まないと安定した睡眠を確保できない場合は、治療上睡眠薬を内服する必要がありますが、その場合赤ちゃんのリズムで起きることが出来ないかもしれません。

自分がどのような薬を飲んでいて、育児にどんな影響が出るかを予測し、周りの人に伝えて援助を求めるようにしていきましょう。場合によっては診察に同行してもらう事も大切なことです。

助けてくれる人を確保することが大切

配偶者や実家の両親など、自分の体調が芳しくなくて子供の面倒を見ることが出来ない時に対応してくれる人を探しておくことが大切です。家族に助けを求めることが出来ない場合は、保健所などに相談に行くことも重要です。育児を手伝ってくれる公的なサービスもあるため、利用していきましょう。

自分でできることは何?少しでも育児に参加するために大切なこと!

育児はただでさえ大変な作業です。でも母になれることは素晴らしい事であり、少しでも育児に参加したいと思うことはとても自然なことです。積極的に育児に参加するためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

自分も育児が出来るような環境を整えることがとても大切!

育児をする部屋は、調子が悪い時にすぐに横になれる場所は確保されていますか?調子が悪い時に連絡する先の候補はありますか?自分が頑張るところと手伝ってもらうところは、きちんと話し合えていますか?病気を治療しながら育児を行う環境を整えることがとても大切になります。先ずは自分の環境を見直してみましょう。

場合によってはミルクで育てる覚悟を持って!

抗精神病薬は母乳を通じて乳幼児に摂取されてしまいます。そのため、自分の体調と主治医と相談をして、薬を必要としている時期は人工乳で育てるなどの工夫が必要です。お母さんの調子を落ち着かせることも双極性障害を抱えた人の育児にはとても大切なことです。

実際の声を聞いてみよう

双極性障害を抱えながら実際に育児をしている人の声を探してみました。そこから見えてきたことですが、やはり大切になって来るのは周りのサポート体制と、主治医との連携の様です。

一人で子育てをしようと考えることで、ストレスとなり症状が悪化してしまう場合もあるとのことでした。また、病児保育や保育園を利用しながらお子さんを育てている方も見えました。

お子さんが小さいうちは大変なことが多いようですが、お子さんが成長して自分で色々なことが出来るようになったり言葉で要求を伝えてくれるようになることで、育児の負担も軽減されるようです。

まとめ:みんなで育てる気持ちで育児に参加していこう

双極性障害を抱えている人にもそうでない人にも大切なことですが、育児をお母さんが人いで全部抱え込む必要はありません。家族や主治医などに頼りながら、みんなで子供を育てるような感覚で、育児を楽しんでいきましょう。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。