誰でも嬉しいことがあったら楽しい気分になるし、悲しいことがあったら暗い気分になります。しかし、気持ちの変動が大きすぎるようでしたら注意が必要です。それは双極性障害かもしれません。

双極性障害は人間関係に大きな弊害をもたらし、周りを苦しめるだけではなく自分をも苦しめる病気です。双極性障害とはどのような病気でしょうか。

気分が良すぎるのもNG?双極性障害とは!

双極性障害とは?

双極性障害とは「躁」と「うつ」が交互に起こる病気です。躁とは気分が高揚し、興奮している状態を指します。それに対して、うつは気持ちが落ち込んでいる状態です。以前は躁うつ病と呼ばれていました。

誰しもが喜怒哀楽による感情の波を持っています。しかし、双極性障害の人はその波が極端に強くなっている状態です。

なぜ躁はいけないの?

躁状態は気持ちが高揚し、気分がいい状態です。一見すると何も問題はないように思えますが、気が大きくなっているため通常の思考ができなくなっています。睡眠時間を削って趣味に没頭したり、きつい言葉で人を罵倒したり、次々と買い物をするなど自制がきかない状態になったりします。

躁状態は本人にはとても心地の良いものだと感じますが、人のことを考えることができなくなるため、周囲の人々に迷惑をかけることになります。結果として、うつ状態になったときに後悔の念が大きくなり、大きく気持ちが落ち込む原因になります。

種類が違う?1型と2型の違いとは!

躁の度合いで判断される!

双極性障害は大きく二つに分類されます。躁の強い1型と、1型ほど強くない躁(軽躁)のある2型です。躁の状態によってどちらの型になるかが分かれますが、仕事や家庭など、人間関係に支障をきたすかどうかで「躁」であるのか「軽躁」であるのかが診断されます。

また、1型にのみ現れる特徴として、躁とうつの入り混じった混合状態があります。躁の度合いはそれほど人いものでなくても、混合状態があれば1型と判断されます。

診断ミス?間違われやすい病気とは!

うつ病だと思ったら……!?

双極性障害の患者は、うつの状態のときに病院へかかることが多く、当初はうつ病だと診断されるケースが多いです。うつ病と診断された後に躁や軽躁状態になることで病名が双極性障害だと変更になるのです。

うつ病だと診断され、抗うつ薬を処方されたら今度は躁状態になってしまった、というのがその一例です。双極性障害のうつ状態に抗うつ薬を使うと、今度は躁に切り替わる(躁転する)可能性が高いです。

薬で治せる?双極性障害の治療方法とは!

双極性障害は薬で押さえられる

双極性障害は脳の物質異常が原因で発症することが解明されています。そのため、薬を飲んで調子を整えることにより、躁やうつ状態を軽減したり、再発を抑えることができます

双極性障害の治療薬として、「気分安定薬」を使用することになります。躁やうつ状態を抑え、再発を防ぐ薬です。また、「抗精神病薬」も使用されることがあります。気分安定薬も抗精神病薬も様々な種類があるので、一つの薬剤で効果がなくても、他の薬剤を使用することで効果が得られることがあります。

ストレスを溜めないことが一番の治療方法

しかしながら、ストレスが多い環境だと双極性障害が悪化するリスクがあります。再発を防ぐためにも、ストレスの少ない生活をすることが治療への近道です。

神経質であったり、落ち込みやすい性格である場合はカウンセリングを受けて考え方を変えることでストレスを減らすことができます。また、アルコールやタバコなどの薬物もストレスの原因になりますので、控えるようにしましょう。

命に係わる?治療しないリスクとは!

双極性障害は後悔の病気

双極性障害はうつ病よりも自殺のリスクが高い病気です。躁状態に起こした行動をうつ状態になった時に後悔し、よりいっそう気持ちが落ち込んでしまうことが多いからです。躁状態になると興奮し、気が大きくなるため、ケンカなど人間関係のトラブルを起こしやすくなります。離婚や離職の危機も大きくなります。

特に躁とうつの混合状態では、行動する気力はあるのに気持ちは晴れない状態が続きます。そのため、行動に移せないうつ状態以上に自殺を実行に移す可能性が増えます。命を守るためにも、双極性障害を治療することが大切になってきます。

まとめ

双極性障害は躁状態とうつ状態が交互に現れる病気です。躁状態に気持ちが高揚しすぎて起こした行動をうつ状態の時に後悔し、最悪の場合は自殺してしまう可能性もあります。

しかし、双極性障害は投薬治療やカウンセリングで良くなります。気分の波に翻弄されて苦しいのなら、まずは一人で悩まずに専門家に相談してください。双極性障害は抑えることのできる病気です。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。