誰しも気持ちが上がったり下がったりすることはありますが、中には同じ人とは思えないほど気持ちのムラが激しい人もいます。気持ちが大きくなって怒鳴っていたかと思うと、クヨクヨし始めて行動を後悔するような言動をとるようなケースです。そのような人は双極性障害かもしれません。

双極性障害の要素は遺伝し、ストレスで発症することがわかっています。双極性障害とはどのような病気でしょうか。双極性障害について見ていきましょう。

気分の波は病気?双極性障害とは!

躁とうつが交互に現れる病気!

双極性障害は、以前は躁うつ病と呼ばれていました。その字の通り、躁とうつが交互に現れる病気です。躁は気持ちが高揚し、興奮している状態です。うつはその真逆で、気持ちが落ち込み、ネガティブな考えしかできなくなる状態です。

人なら誰しも気分のむらはありますが、双極性障害の人は気分のむらでは言い表せないほど大きく心が揺れます。まるで性格が変わったかのように感じることもあります。

間違われやすい病気とは?

双極性障害はうつ病だと間違われることが多いです。うつ状態に困って病院を受診し、その後躁状態が確認できたため双極性障害だと病名が変更されることが多いためです。双極性障害の人はうつの薬を服用したことによって躁状態に切り替わることもあります。

その他、パーソナリティ障害や統合失調症、発達障害や抗うつ薬をはじめとした各種薬剤の副作用だと間違われることがあります。見極めが難しい例もありますので、じっくりと経過を観察することが重要になります。

気分が上がるのも注意が必要?躁状態とは!

気分が高揚する躁状態

躁状態は気分が高揚し、まるで自分が偉くなったかのように感じる状態です。興奮し、イライラしやすくなるため、人間関係のトラブルを起こしやすい状態です。睡眠不足でも活発に活動し、おしゃべりになることもあります。ひとつのことに集中するのが困難で、次から次へといろいろなアイデアが浮かんできます。

躁状態には仕事や家庭など、人間関係のトラブルを起こして周囲の人にも迷惑がかかる躁状態と、気持ちの高揚はあるもののトラブルをおこすほどではない軽躁状態があります。

気分が下がるのはうつ状態!後悔に注意?

行動を後悔するうつ状態

うつ状態はうつ病に代表されるように、気持ちが落ち込む状態です。今まで好きだったものにも興味が持てず、重度の疲労感があり何もすることができなくなります。また、自分は価値の内容に思えたり、強い罪悪感を感じることもあります。

躁状態に起こしたトラブルを、うつ状態に後悔することも多くみられます。しかしうつ状態であると精神的にも疲弊し、罪の意識を感じやすくなっているため、必要以上に思い悩むことがあります。

躁とうつは同時に起きる!混合状態とは!

混合状態は自殺のリスクが!

双極性障害の人の中には、躁とうつが同時に起こる混合状態を体験する人もいます。興奮してイライラしやすいのに気持ちは晴れず、何をしても悪い方向にしか考えることができなくなります。

混合状態はうつ状態のように倦怠感から行動を起こせないわけではないため、一番自殺のリスクが高い状態です。ネガティブな感情と、衝動的に行動を起こす思考が一致してしまい、突発的に自殺を決行してしまう人もいます。双極性障害の中でも一番注意が必要な時期といえるでしょう。

双極性障害はどこで診断するの?治療方法とは!

心療内科・精神科に行こう!

双極性障害を自力で治すことは困難です。気持ちが上がったり下がったりと激しく変動するようなら、まずは心療内科や精神科で双極性障害ではないかと相談するべきです。

双極性障害の治療には気分安定薬が使用されます。気分安定薬には躁状態やうつ状態を抑え、双極性障害の再発を抑える効果があります。気分安定薬のほかにも、抗精神病薬や抗うつ薬、甲状腺薬が使用されることもあります。

カウンセリングも有効であることも!

双極性障害の治療は薬物療法が中心になりますが、カウンセリングも効果的である場合もあります。双極性障害はストレスで悪化します。神経質な性格や周りを気にする性格であれば自然とストレスが溜まりやすくなります。

カウンセリングでは考え方の癖を見つけ、改めるトレーニングをすることにより、ストレスが溜まりにくい性格を身に着けることができます。薬物療法の補助としてカウンセリングを行うことにより、双極性障害の悪化を防ぐことができます。

まとめ

気持ちが上がったり下がったりするのは双極性障害が原因となっている可能性もあります。双極性障害は気持ちが高揚し、気が大きくなる躁と気持ちが沈むうつが交互に現れる病気です。また、躁とうつが混在した状態が起こることもあります。

双極性障害の治療は、薬物療法が中心になります。また、双極性障害の悪化を防ぐためにはカウンセリングが有効であることもあります。双極性障害ではないかと疑いを持った場合には、まずは専門家にご相談ください。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。