双極性障害を患ってしまったとしたら、働くことが出来るのでしょうか?双極性障害のために解雇になってしまったらどうしよう?精神疾患を抱えている人が誰でも直面する「仕事の不安」は、双極性障害を抱えている人でも直面することがあると思います。

双極性障害の人が自分の仕事を続けるコツについて紹介します。

当然のことですが、精神疾患が原因で解雇されることはありません!

最初にお伝えしておきたいことは、双極性障害が原因だからと言って会社を解雇されることは不当な扱いを受けていると言うことになります。双極性障害だからと言って働いていけない訳はないのです。これはとても大切なことになるのでしっかりと覚えておきましょう。

双極性障害になってしまった時に、どのように働いたら良いのだろうか?

双極性障害は誰でもなる可能性がある疾患です。そのため、双極性障害を抱えた状態で働いている人もたくさんいます。双極性障害だからといって仕事は出来ます。

中には特別な配慮を必要とすることなく働くことが出来ている人もいますが、双極性障害と上手く付き合いながら働いていくことが大切です。

どうなるの?双極性障害の症状が仕事に及ぼす影響とは?

双極性障害を抱えた状態であると業務に様々な影響を与えてしまう可能性が考えられます。

躁状態の時

仕事の場面で大きな影響を与えるであろうと考えられることは「躁状態」の時です。躁状態になると「自分は色々なことが出来る」と考えることが増え、通常よりたくさんの仕事を引き受けてしまったり、新しい仕事に次々と手を出してしまう可能性があります。

また、急に陽気になったり、人の仕事にまで手を貸そうとすることも出て来るでしょう。

うつ状態の時

一方うつ状態になると、意欲が低下して普段ならこなすことが出来る仕事量もこなすことが出来なくなります。周りに助けを求めることも出来ないので、仕事がどんどん溜まって行ってしまって次第に罪悪感でいっぱいになるようになります。

対人関係のこじれ

感情が不安定であり、それに伴って仕事量にも変動が出るようになると、周りの人に不信感を抱かれるかもしれません。上司から叱責されたり、部下からも困惑されたり、対人関係がこじれやすくなり、結果として働くことが難しくなってしまう事もあります。

このように双極性障害の症状が落ち着いていない状態で仕事を続けると、様々な弊害が生じる可能性が考えられます。

自分の調子について知ろう。自己理解の大切さ

双極性障害を抱えながら働くためには、病気のことや自分自身のことをよく理解することが大切になります。双極性障害と一言で言ってもその病気の違いは千差万別です。先ずは自分の状態を自分の言葉で説明できるように自己理解を進めていきましょう。

気分が上がりやすい時はある?

気分が高揚する躁状態と、意欲が低下する抑うつ状態を交互に示す状態が特徴的である双極性障害は、気分の変動が予測しにくいと言われています。

しかし、大きなストレスを受けた時や、疲れが溜まった時に気分が変動しやすいなど、一部予測できる気分の波も存在します。1日の自分の行動を振り返ってみて、気分変動の変化を追ってみましょう。

抑うつ状態に注目!

気分の変動を追っていくと、気分が上がりやすい時や下がりやすい時の波が見えてくると思います。

特に双極性障害は抑うつ状態がきっかけで発症することが多いと言われており、その後に気分の高揚がやってくるパターンが見えてきます。そのため、抑うつ状態の引き金となるような出来事は避けることが大切です。

自分が取りやすいストレス解消方法とは?

また、躁状態のサインとなるものが、買い物や過食、突然の外出など衝動的な行動と言われるものです。

高い物が欲しいと思いはじめたり、衝動的に外出したくなりはじめたら、もしかしたらそれはストレスが溜まっていて、躁的な行動で解消しているのかもしれません。双極性障害の場合、その後大きな行動に移ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

適切な治療を受けよう!精神科での治療を受けることの勧め

双極性障害と上手く付き合っていきながら仕事を続けるためには、双極性障害をしっかりと治療することが一番大切なことです。双極性障害の中心的な治療方法は投薬による治療になります。そのため、かかりつけの医師を見つけて、寛解を目指して治療を行っていきましょう。

病院受診のための時間を確保

特に躁状態になっていると、自分にはもう病院での治療なんて必要がないかのように感じてしまう事があるかもしれませんが、双極性障害は長い目で治療をすることが大切です。仕事が忙しくてもしっかりと受診のための時間を確保して、安定した治療を行うことが大切になります。

内服は適切な用量用法を守って

症状に合わせて適切な薬剤が処方されており、必要ないかもしれないと思っても医師の指示に従って正しく薬は飲んでいきましょう。双極性障害の薬は作用が強い物も含まれているので、突然薬を止めることはとても危険です

職場でできる自分の工夫とは?仕事の量を調整していこう

躁状態になっていると、自分では本当に出来ると思って、普段の自分では対応することが出来ないくらいの仕事量を引き受けてしまう事があります。

そしてそれはかなりの負担になってしまう可能性が高い物です。症状が安定しない間は、仕事量を突然増やしたり、新しい仕事を増やすことはせず、現状の仕事量を維持していきましょう。

まとめ:双極性障害を治療しながら仕事を続けていこう!

くりかえしになりますが、双極性障害だからと言って働くことは可能です。しかし、働くための環境を整えること、疾患を治療することはとても大切なことになります。適切な治療を受けながら長い目で治療を行い、自分のできる範囲で仕事を続けていきましょう。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。