双極性障害というと聞きなれないかもしれませんが、かつては「躁うつ病」という呼び名を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

「うつ病」と聞いて真っ先にイメージされるのは「やる気がない」「動けない」といった負の側面が浮かんでくるかと思いますが、「躁うつ(双極性障害)」は似て非なるものです。

後者は自殺のリスクが高いともされていて、本人にとってはもちろん、周囲の人にとってもかなりやっかいな病です。

私は働き盛りの30代に差し掛かった頃、この病気を罹患し、長きにわたって闘病生活を送りました。その経験をお話ししたいと思います。

発症忍耐の結果は精神疾患

限界と悟ったのは職場へ向かうその足が一歩も歩みだせなくなった時でした。当時の私は職場でかなりの精神的な圧迫を感じていました。

いつしか趣味には興味がなくなり「楽しい」という感情はどこかへ消え、毎日をつらいと思うほどに憂鬱な状態に陥りました。それでも仕事を家庭に持ち帰るのは本意ではなかったので、妻に相談もしませんでした。

仕事は仕事と割り切って、何事もないように毎日職務をこなしていましたが、ある日、ついにガス欠のように体も心も動かなくなってしまったのです。

通勤の電車へ向かう足が止まって動かなくなり、思考停止に。そして、その日は急病ということで欠勤しました。

初めての心療内科即うつ病患者

精神科へ行くのは憚られましたが、事が体が動かないところまで至って、意を決して居住地から近くにある心療内科へ足を運びました。

自分の今の症状を先生に話と、その日からうつ病の薬を処方されました。ようやく妻に相談し、その仕事は退職することにしました。「これで苦しさから逃れられる」その考えはとんだ誤りで、何年も続く生き地獄への入り口だったとは思いいたりませんでした。

転職、退職、無職症状悪化

診断当初の私はうつ病を軽く考えていました。治療をして仕事を変えれば、またすぐ元気になれると思っていたのです。それが間違えだと気付いたのは新しい仕事を始めた時です。

誰でも簡単にできるような仕事をミスする。業務をいくら説明されても覚えられない。お客様にも叱責され、上司にも迷惑をかけてしまいました。

今まで普通にできていたことが、何もできなくなっていたのです。結局、せっかく見つけた転職先をすぐに退職して、しばらく自宅療養することなり、そのことは余計に私の心を追い詰めました。

回復という勘違いうつ病から双極性障害へ

仕事もせず自宅にいると余計に気分が塞ぎました。当時、生まれたばかりの子供がいたのでなおさらです。気分の良い時には外に出て、時には人と会うことで気を紛らわしました。

症状がマシになってくると少しでも家計を助けようと考え、ネットでの副業をやることにしました。この頃から私の気分には変化が現れていました。

感情が喪失してしまっていたような状態から、笑ったり怒ったり、前向きな気持ちが芽生えたり、ひとことで言えば元気になったのです。

回復だと思っていたその兆候は、双極性障害へ移行したことを意味していました。

元気になったら人が離れていく

人と会えば自分で自分を鞭打つように全力で楽しみました。ネット副業も「あんな奴ができるんだから俺ならすぐにできる」という根拠のない自身の下、必要経費だと機材を購入したり、商品を仕入れたり、生活のことは気にならなくなりました。

私を見る妻には到底「苦しい」と思っていることなど理解し得ることなどできなかったでしょう。ましてや子育てに追われいたのだから当たり前です。

副業は一銭の利益をもたらさず、テンションの高低差がありすぎる私は疎んじられ、約束は断られるようになりました。妻には心の難渋を理解してもらえず、口論となり、突き飛ばしてしまうという事件も起こしてしまいました。

「これは自分じゃない!!」もう心が壊れかけていました。妻は子供を連れて離婚を申し出ました。

悪魔の病双極性障害

一連の事を主治医に伝えると「双極性障害」の診断をもらいまた、薬を変更しながらの治療です。仕事も家族も失い、ひとりでアルコールを飲んで我を忘れるぐらいしか気を紛らわす手段はなく、私の躁とうつの振れ幅はどんどん大きくなりました。

その振れ幅は私の心を疲弊させます。自尊心もなにもなくなり、自分への愛情も失いました。ある日ふとアルコールを飲みながら何の脈略もなく「もういいか」と思い立ち、軽い気持ちで大量の睡眠薬を服薬しました。

落ち込んでいないのにそんなことをやってしまうのが、躁状態の怖いところです。高所から飛び降りて亡くなってしまう方もいるらしいですから。

0からの出発

倒れている私を発見した母が救急車を呼び、事なきを得ましたが、その時の悲しそうな母を私は生涯忘れることはないでしょう。方法にかなりの問題はありましたが、それを機会に私の症状は良い方向へ向かいました。

「どうせ一度捨ててしまった人生だ」そんな気持ちが私の心を軽くしていたのかもしれません。通院、服薬をしながら日常生活を送り、誰に罪悪感を覚えることもなく、人並みの生活も求めず、ただ生きていることに幸福をかんじるようになりました。

私の中にある「こうあらなければならない」という像が、心を縛り付けていたのだと思います。

寛解双極性障害は一生治らない?

今私は服薬していません。双極性障害と思しき症状も出ていないと思います。知己を得て、社会復帰し平穏な日常生活を営んでいます。

双極性障害は再発率が高いと言われていますが、私にとってもはや再発しようがすまいが、その時はその時とまったく気にならなくなりました。

どの時点でどうすれば正解だったのか?それははっきり言ってわかりません。ただひとつ確かなのは、自分が固執して大事に思っていることは意外と小さなことだということです。

命より重いものはありません。もし今、同じように苦しんでいる人がいるのなら、衣食住を得てただ生活できるという小さな幸せを伝えたいです。お金や仕事、身分や地位はそんなに大事なものではないのです。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。