双極性障害になって苦しんでいる人は意外と世の中多いです。

昔は双極性障害という病気をしっかりと理解できなくて引きこもりになってしまっている方がいました。

ここでは双極性障害で引きこもりになっている方に対してどうしたら引きこもりを治すかを紹介します。参考にされると幸いです。

精神科などの病院にあきらめないで受診すること

双極性障害の方が精神科などの病院に受診して辞めてしまって引きこもりになっている方が多くいます。まずはまた精神科などのメンタル系の病院に受診してください。双極性障害はしっかりと対処すれば病気を改善できます。

もしも自分が通っていた病院がよくなかったら別の病院に受診してください。セカンドオピニオンをすることで病気が改善することも多々あります。医師のいうことをしっかりと守ることをしてください。

デイケアに通う

医師の診断で双極性障害の方がデイケアに通うことを進められることがあります。デイケアとは精神保健福祉センター、公立デイケアセンター、精神科がある医療機関、保健所、市町村が行っています。

精神保健福祉センター、公立デイケアセンター、精神科がある医療機関のものは精神科デイケアと呼び医療保険の対象となっており、保健所、市町村のものは単にデイケアと呼び事業費等で運営されています。

デイケア-6時間が標準のものナイトケア-16時以降の4時間が標準のものデイナイトケア-デイケアとナイトケアを組み合わせた10時間が標準ショートケア-日中の3時間が標準規模によっても区分があり、患者あたりの広さ、専用室の広さ、職員配置、患者数が定まっています。

どういった傾向の患者が入所するかは、各施設の方針によって異なっているます。デイケアで他の精神系の患者と交流することによってコミュニケーションをはかり引きこもりを解決できることもできます。

家族などに相談すること

双極性障害になって引きこもりになっていたら、家族などに相談してください。一人で部屋に閉じこもっていても解決はしません。だれかと接することによって引きこもりを解決するヒントになっていきます。

一番近くにいる家族や信頼できる友達などに相談してください。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。