双極性障害は最近はストレス社会になってきて患者数が増えてきています。

ここでは双極性障害になったとしても仕事をどうやって続けていくかを紹介いたします。参考にされると幸いです。

双極性障害を職場に打ち明けてしまう

双極性障害になってしまっていると仕事に支障が出て悩んでいる方は職場の上司に相談してください。

仕事をしていて双極性障害を隠して仕事しているよりも職場の人に伝えてしまった方が意外と楽かもしれません。自分の中だけで病気に対抗して職場の人間に伝えないとだんだんと自分が窮屈になってしまいます。

一回しっかりと上司に話してみると双極性障害について周りの職場の人たちは病気を理解してくれるケースがあります。最近はスマートフォンの普及ですぐに双極性障害という単語で検索をかければ病気の症状がでてきますから双極性障害の病気を仕事場の人間が理解できれば仕事もしやすくなりますよ。

精神系の病院の医師としっかり仕事について話す

双極性障害になって仕事がうまくいかなく困っていたら精神系の医師としっかりと仕事のことについて相談してくださいね。医師は双極性障害の症状の具合をみて仕事に差し支えないように薬の処方をしたり、カウンセリングを臨床心理士に要望して解決してくれます。

またもしも病気が悪化していたら診断書をだしてくれて仕事を休むように指示してくれます。どんどん医師に病気のことを話して仕事に対してどうやって向かっていくかを相談してくださいね。

ソーシャルネットワークを使ってお互い情報交換すること

インターネットの普及でソーシャルネットワークがいつでも使えるようになりました。双極性障害について悩んでいる人同士でコミュニケーションをとることができますよ。双極性障害になりながら仕事を続けている人がどうやって仕事しているかをネットを通して情報がわかりますから、自分だけが病気でないということを認識できますから心強くなりますよ。

気を付けてほしいのはソーシャルネットの情報をすべて信じない方がいいと思います。人それぞれ双極性障害の症状や病気の重さが違いますから、初めは参考程度でコミュニケーションをとってみるといいですよ。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。