うつ病は新たな国民病、心の風邪といわれるように、その病気の存在を知っている人が増えてきました。
これに対して双極性障害はまだそれほど知っている人が多くないのが現状です。

双極性障害とは何なのか、うつ病との違いは何なのか。正しい知識を持つことが大切です。

誇大妄想もある躁

双極性障害はかつて躁うつ病といわれる時代がありました。躁状態とうつ状態が交互に現れる厄介な病気であることに変わりはありません。まず躁について説明します。躁の場合、双極Ⅰ型障害の躁状態は、患者本人はほとんど眠ることなく動きまわり、良くしゃべり、極めてエネルギッシュに物事に取り組みます。

しかし、観念があちこちに飛ぶため、一つのことに集中できず、何かを成し遂げるということは難しくなります。大量で高額の買い物をしたり、株やギャンブルに手を出したり、見込みのない仕事に投資をしたりといった、家族や周囲に迷惑をかけることがひどくなってきます。宗教をはじめ、誇大妄想に陥ることもあります。

軽躁状態とは

これに対して、双極Ⅱ型障害の軽躁状態は症状が穏やかで、周囲に迷惑を掛けるとこは少ないといえます。本人は気分が爽快で、よく動き回り、人間関係にも積極的になります。

周囲は「人が変わったみたいだ」と困惑しますが、本人に病識が薄いということもあって、適切な治療を受ける機会を逃すことも多いです。

軽躁状態を放置すると、次に襲ってくるうつ状態への対応で、大きな困難を抱えることになります。

うつの症状。言い尽くせないうっとおしさ

躁状態を脱した場合、その場でうつになるのではなく、躁でもうつでもない正常な状態がある場合もありますが、がけから落ち込むようにうつへの移行する場合があります。

何をするにもおっくうという抑うつ症状の場合もありますが、何とも表現のしようがないほどのうっとおした、動くこと、腕を上に上げることさえつらいという、ものすごい辛さが襲ってきます。

「何もしたくない」「興味や喜びがわかない」という症状があり、朝早く目覚める、逆に朝、起き上がれない、食欲がわかない、体重の増減、などの身体症状が現れます。自殺念慮にもっとも気をつけなければなりません。

投薬治療のポイント

投薬治療が中心ですが、躁にしてもうつにしても、本人が薬が飲みにくいというのがこの病気の特徴でもあります。病気の転換点、無症状、あるいか軽症のときに、いかに予防的な投薬治療をするかがポイントになります。

いずれにしても家族、周囲の理解と協力が欠かせない病気です。適切な治療で、社会復帰も決して無理な病気ではありません。医師と相談しながら向き合っていくことが求められます。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。