双極性障害(躁うつ病)とは気分が高ぶる躁状態と気分が沈むうつ状態を繰り返す病気です。

気分の上がり下がりが激しく、かつ躁状態においては気づかないうちに周りに迷惑をかけてしまうこともある病気です。

躁うつ病とうつ病の違いは?

うつ病が気分が沈んだ状態が長く続くのに対し、躁うつ病は躁状態とうつ状態を繰り返します。

この躁状態は他の人から見ると元気なように見えますが、躁状態では気分が高ぶり、衝動的な行動に走ってしまうことも多く、落ち着いてる時には考えられないような高価な買い物をしてしまったり、衝動的に自殺行為に走ったりしてしまうことも多いです。

そのため躁うつ病は精神疾患の中で最も自殺企図が多い疾患と言われています。しかし、躁状態では周りから元気に見られることも多いのでうつ病以上に理解されにくい病気でもあります。

双極性障害II型とは?

双極性障害にはI型とII型があります。II型はI型の躁状態に比べて、症状が軽く、社会的な問題も少ないです。なので双極II型障害は双極I型障害よりも軽い病気だと思われがちですが、II型はI型に比べてコントロールしにくく、うつ状態を再発しやすいといわれており、どちらも適切な治療が必要です。

双極性障害の具体的な症状

先ほど述べたように双極性障害は気分が高ぶっている躁状態とうつ状態を繰り返すのが主な症状です。うつ状態では精神症状は希死念慮、希望がない、悲しいなどといった抑うつ状態が起こり、身体症状では主に睡眠障害(眠れない、途中で起きてしまう、かなり早く起きてしまう、熟睡できないなど)や頭痛、動悸、息苦しさ、拒食、または過食などの症状が見られることが多いです。

双極性障害と具体的な治療法

双極性障害は睡眠障害を併発することが多く、抗うつ剤や抗不安剤、気分安定薬などと合わせて睡眠導入剤を処方されることが多いです。抗うつ剤にはSSRIやNASSAなどの種類があり、安全と言われる反面、SSRIなどは攻撃性や自殺衝動が高まるとも言われています。

抗不安剤は不安やイライラを抑えてくれる効果のあるお薬で眠くなるものも多いです。気分安定薬は気分の波を抑えてくれるお薬で、双極性障害では主にこれを中心に用いることが多いです。

またなかなか抗うつ剤が効かない場合は統合失調症の治療にも用いられるドーパミン抑制効果のある薬を用いることもあります。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。