双極性障害は完治しづらい病気のため、仕事との両立が生活の課題となってくる病気です。病気の治癒と仕事の両立は難しいもので、多くの人が直面する問題であることがいえます。

では、どのように仕事と両立すれば良いのでしょうか。ここでは、双極性障害の仕事への影響や、病気と仕事の両立、向いている仕事についてご紹介していきます。

双極性障害になったら!?こんな症状が現れる

双極性障害になったら、どのような症状が現れるのでしょうか。簡単に紹介します。

双極性障害の症状

双極性障害の特徴は、気分がハイテンションになる躁状態と、反対にうつ状態になる気分の波が繰り返されることです。

激しい躁状態に襲われると、普通では考えられない突飛な行動をしたり、激しい浪費をするようになってしまいます。

反対に気分が沈み込むと、生きる意欲が低下して何もやる気が起きなくなります。

仕事にどんな影響が!?双極性障害になったら

双極性障害になったとき、仕事にどのような影響が出るのでしょうか。

仕事にも波が出てくるようになる

双極性障害に気分の波があるのに従って、仕事にも波が出てくるようになります。躁状態のときは仕事をバンバンこなし、まさに敵なしといった状態になることがあります。

しかし、一転してうつ状態になると、仕事の意欲は低下し、まったく仕事が進められなくなります。それどころか身体が動かなくなり、職場に行くことさえ困難になることもあります。

このように、気分の波に仕事が振り回されるようなカタチになってしまいます。

コツは自分を客観的に見る!双極性障害と仕事の両立

では、双極性障害になってしまったとき、仕事とどうやって両立していけば良いのでしょうか。

自分を客観的に観察する

双極性障害と仕事を両立するコツは、まず自分を客観視して自分の性質を把握することです。

自分に気分の波が存在することを理解するのです。自分が躁の状態のときそれを自覚することで、次に来るのはうつ状態だと認識することができます。

このようにして気分の波を自覚することで、自分が次に取るべき行動が分かるようになります。今が躁状態でも次に来るのはうつ状態なので、うつ状態になる前に仕事をひと段落させるなどして、自分が仕事を休んだ場合でも次に引き継げるようにすることも可能です。

自分の病気を理解し、把握することがこの病気とうまくやっていくコツになります。

こんな仕事もあるの!?双極性障害の人に向いている仕事

双極性障害の特徴は、先述のとおり気分の波があることです。この気分の波を利用して、調子のよいときだけ仕事をする在宅ワークが双極性障害の人に向いているということが言えます。

ハローワークで紹介される内職

在宅ワークの最たるものが、ハローワークで紹介される内職です。納期は存在するものの、自分のペースで仕事をすることができます。

仕事内容は、造花制作や、パソコンを使ったデータ入力など多彩です。あなたに合った仕事があるかどうか、ハローワークに相談してみるのが良いです。

クラウドソーシングを活用した仕事

クラウドソーシングとは、ネット上で不特定多数の人に仕事をやってもらう、ネット上での内職のようなものです。最近勃興してきた仕事形態で、従来の内職のように家に居ながらにして仕事を行うことができます。

仕事内容としては、WEB上の記事を書くライティングやシステム開発、イラスト制作やWEBデザインなど、従来の内職以上に多彩です。
どの仕事も納期が存在しますが、仕事の発注者との相談で納期を伸ばしてもらうこともできます。

始める方法としては、ネット上のクラウドソーシング専門サイトにて仕事を引き受ける方法があります。

長時間の労働は避けること

仮に在宅ワークを行うことができても、長時間の仕事は身体に悪いです。病気が良くなっているときに、「せっかくだから」と仕事ばかりしていると、例え在宅の仕事でも具合が悪くなってきてしまう可能性があります。

また、昼に寝て、夜に仕事をするいわゆる「夜型」の仕事は避けてください。在宅ワークは自由に仕事ができるといっても、夜型の生活は病気に悪いのです。あくまでも朝型の生活を心がけて仕事をしてください。

医師との約束は絶対!病気と仲良くやっていくコツ

双極性障害と仕事を両立させるのに必要不可欠なのが、医師の存在です。医師がいなくては病気は悪化するばかりです。医師と上手くやっていくためには、出された薬は必ず服用しなければいけません。

処方された薬は必ず飲む

処方された薬は、必ず飲むことが重要です。病気が軽くなったからといって、自分で勝手に減薬したり、逆に増やしたりすることはしてはいけません。

薬というものは、専門家である医師と薬剤師の判断のもとで初めて服用して良いもので、素人判断で扱ってはいけないものです。

病気を治すためには、医師の言うことには従ってください。

まとめ

双極性障害と仕事との両立は、始めはうまくいかないかもしれません。気分の波に翻弄されて、仕事もそれに引きずられることが多いです。

しかし、自分をよく観察し、自分の病気の性質を理解すれば、うまく両立できる可能性は高まります。そのためには焦らずに自分を観察し、治療に励むのが一番です。

双極性障害はじっくり向き合う必要がある病気です。焦る必要はありません。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。