双極性障害は、気分が落ち込んだときなどに生命の危機に直面することもある一方で、本人が調子がいいと感じているときの言動によって社会的生命が脅かされることもある重大な病気です。

ところが、診断の鍵となる症状が医師に伝わりにくいことから、正しく診断されにくいという問題があります。適切な診断と治療がなされれば普通の生活が可能になるので、周囲の人がこの精神疾患を理解して患者さんを支えることも大切です。

双極性障害と躁うつ病は同じ病気

以前は躁うつ病と呼ばれていましたが、うつ状態と躁状態という正反対の二つの状態が見られることから、現在は双極性障害と呼ばれています。

うつ状態だけが続く病気はうつ病ですが、双極性障害の場合は、うつと躁を繰り返します。ただし、躁状態だけが目立つ場合や、うつと躁が同時に現れる場合もあるなど、症状の現れ方や病態はさまざまな慢性の病気です。

躁とうつって、どうなるの?

エネルギッシュな躁状態

躁状態になると、自分がえらくなったような気持が強くなって気分が高揚し、上機嫌でおしゃべりになったり、十分な睡眠もとらずに活発に動き回ったりします。その際、周囲の人に対して高圧的な態度をとったり、相手の都合も考えずに夜中に電話をかけまくり、自制心を失ってアイデアが思い浮かぶままに準備不足のプランを実行に移したりすることからトラブルになることも少なくありません。

大量の買い物による借金や性的逸脱行為で法的な問題になることもあり、周囲の人には普段と違うその異常さがわかります。

ハイな感じの軽躁状態

軽い躁状態の場合は、いつもよりハイになっているとか、少し行き過ぎという印象を受ける程度で、周囲に迷惑をかけるほどではないこともあります。

本人には自覚がない躁状態

周囲が迷惑するほどの躁状態であれ、それほどではない軽躁状態であれ、本人は気分がよく、その思考や行動を正しいと思い込んでいて病気の自覚はありません。そのため、周囲の人が普段とは違う異常さを感じても、本人が自ら進んで病院へ行くことはまずありません。

深く落ち込むうつ状態

うつ状態になると、気分が落ち込み、好きだったものにも興味や意欲が持てなくなります。強いストレスにさらされると誰でも落ち込むことはありますが、うつ状態になると、それが回復せず、すべてのことに興味がもてなくなり、食事や着替えのような基本的な生活行動さえおっくうに感じられる状態が継続します。

身体面でも、寝つきが悪く夜中に何度も目がさめるのに朝は早く起きてしまうなど、本人も具合が悪いと感じるようになります。さらに、ものごとを悲観的に考え、死にたいと思う気持ちが強くなります。

何個当てはまる?うつ状態の診断基準

医療機関では、次の二つのうち少なくとも一つの症状があるときはうつ状態を疑います。

  • 何かいいことがあっても気分が落ち込んだまま改善しない「抑うつ気分」
  • 以前は興味のあったことにも興味がなくなる「興味・喜びの喪失」

それに加えてさらに、次のような症状のうち5つ以上が2週間以上続く場合、うつ状態と診断されます。

  • 眠れない
  • 朝布団から出られない
  • 食欲の減退ないしは亢進
  • 体重の増減
  • 疲れやすい
  • 落ち着かない、いらいらする
  • やる気が出ない
  • 頭の働きや動作が遅い
  • 迷ってばかりいて決められない
  • 自分はだめな人間だと思う
  • 死にたい(自殺念慮)

正しい診断が不可欠なわけ

うつ病と双極性障害のうつ状態は、症状が同じでも治療に使う薬は違います。ですから、早い時期に正しく診断してもらい、適切な服薬を開始することが大切です。

きちんとした服薬で適切にコントロールしていれば、仕事も家庭生活も普通に継続することが可能です。

放置したら命の危険も

治療せずに放置した場合、本人は調子がいいと思い込んでいても、人間関係の問題や、社会的信用が損なわれるようなトラブルを繰り返し起こし、やがて命さえ奪われることになりかねません。

正しい診断には困難が伴う

治療を始めるには正しい診断が何よりも大事ですが、双極性障害は、

  • 躁状態よりうつ状態の期間のほうが長いことが多い
  • 本人が苦しいと感じるのはうつ状態の時期
  • 双極性障害もうつ病もうつ状態の症状はほぼ同じ
  • 躁状態になったことがあるとしても、本人はそれを医師に伝えない

などの理由から、明らかな躁状態の症状が出てくるまでは、うつ病と診断されることが多いのが現実です。

病気を知り、病気とつきあう

周囲も協力して受診へ

適切な治療につなぐため、普段と違う様子に気づいた家族や周囲の人は、受診の際にそれが医師に伝わるよう配慮する必要があります。

大事なのは再発予防

双極性障害と診断されたら、意識したいのは再発予防です。激しい躁状態になったことがある場合や、躁状態とうつ状態が混ざった症状が出た場合などは、ほぼ生涯にわたる服薬が必要になります。

家族や仕事など人生の基盤を失うことなく普通の社会生活を送れるかどうかは、症状が治まっているときも服薬を継続できるかどうかにかかっています。周囲の人はそれを理解して支えていくことが大切です。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。