双極性障害

「双極性障害を克服したい人のための体験談サイト」へようこそ。

双極性障害(躁うつ病)とは、うつ病が「うつ」の症状のみが生じるのに対し、双極性障害(躁うつ病)とは「躁」と「うつ」の状態を繰り返す病気です。

双極性障害は、「躁」の症状に応じて、「双極Ⅰ型」と「双極Ⅱ型」に分けられます。

双極Ⅰ型と双極Ⅱ型

「双極Ⅰ型」と「双極Ⅱ型」に分類される双極性障害ですが、どう分類されるのかを詳しく見てみましょう。

双極Ⅰ型は、躁状態がはっきりしていて症状が重く出るのが特徴です。気分がよく気持ちが大きくなり、周りに対して攻撃的な態度を取ってしまうなど、興奮状態に陥ります。結果、仕事や人間関係に支障をきたしてしまうこともあります。

それに対し双極Ⅱ型は、「軽躁状態」とうつ状態を繰り返す症状で、調子がいいという自覚程度で終わるので、周りも少し調子がいいようにくらいしか見えず気づかれにくいです。ですが、軽躁状態とは、躁状態に比べて躁状態の波が低いだけで症状が軽いわけではありません。

原因・発症のきっかけ

双極性障害の原因はいまだ解明されていないですが、多くの場合はうつ状態から始まることがわかっています。うつ状態だけを繰り返したのちに、ある日躁状態が発症し双極性障害になってしまうことがあります。

発症する原因の一つとして、遺伝子が関係しているのではないかといわれています。ひとつの遺伝子が原因で起こるのではなく、複数の遺伝子が組み合わさって発症するといわれています。

また、環境によりストレスが原因になってしまうこともあります。育った環境や周りからのストレスが発症の原因とも考えられていますが、はっきりとした原因とはいいきれません。発症する前の性格としては、明るく社交的な性格や現実的な志向性の性格が強い方が多いです。体系は、比較的肥満体系の人がなりやすいです。

双極性障害の治療方法

双極性障害では、躁状態からうつ状態に転じたタイミングが一番危険です。実は双極性障害のほうが、うつ病よりも自殺率が高いといわれています。

躁状態の自分を振り返り、余計にうつ状態をひどくさせ自殺に追い込まれてしまうケースがあります。また、躁状態の時に周囲の人間とのトラブルを起こしてしまい、社会的な復帰が難しくなってしまうケースもあります

まずは、病院へ行き抗うつ薬を処方してもらうことですが、不安定な急速交代型になってしまう可能性があるので、きちんと専門医に診てもらうことが必要です。

カウンセリングなどの心理療法だけでは完治しないと言われています。周囲や家族のサポートも必要となります。まずは、病気のことや薬の作用副作用を知ってもらうこと、また日常生活にストレスを出来るだけ持ち込まないよう配慮が必要です。

このほかにもたくさんの克服方法や双極性障害の克服体験談を紹介していますので参考にしてください。

双極性障害の辛さから解放されたいあなたへ

「鬱」と「躁」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

認知療法で双極性障害を克服した人は多くいます。なぜなら、認知療法で自分の考え方を変えることで鬱と躁をコントロールすることが可能だからです。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

双極性障害?気分が上がったりさがったりをコントロールできない!

双極性障害(躁うつ病)との付き合い方

双極性障害は、発病してもすぐに受診する人ばかりではありません。躁に対して、「調子が良いだけ」「気分が良いだけ」と思い、うつに対しては、「疲れが溜まっているだけ」、躁うつに対しては「性格だから」と、本人は大丈夫だと思ってい・・・

双極性障害の症状と治ったと自己判断で治療を中断してはいけない 女性 36歳 N.U.さん

双極性障害(躁うつ病)の経験談(女性)

双極性障害は躁うつ病と以前は言われていました。 仕事でのストレスや家庭でのトラブルなどから無意識に心身がバランスを崩していってるかも知れません。 責任感の強い方や一つの事に集中しやすい方や気を使う方などはなり易い傾向にあ・・・

躁うつ病はどうしてなる?自分と周りからの期待のギャップで発症 女性 25歳 H.T.さん

双極性障害(躁うつ病)の経験談(女性)

私は24歳の時に躁うつを発症しました。 昔から気分の浮き沈みが激しい方だな、という自覚はありました。 社会人になって営業の仕事をするようになるとその症状が悪化し、気づいた時には仕事に支障をきたすまでになりました。 自分の・・・

ページの先頭へ